旅する壱ブログ

四半世紀女子の旅と創作ブログ

取捨選択するのは自分の価値観

自分は旅や移住をしながら小説を書いたり、文章をまとめたりするようなことをして生きたいと思っています。

その夢を叶えるため新しい生活を始めて、収入源のことを考えているわけです。いくつか収入源はあった方が良いかなと思っていていろいろ始めてみています。

 

ネットやSNSで少し調べたら、良いも悪いもいろんな情報を見ることができます。

 

今、はじめているクラウドソーシングや日用品の直販ビジネスとか…自分はまずやってみようと思って始めました。

稼げるから!みたいな気持ちで飛びついたわけではなくて、ただの手段の一つとして。

評判やら口コミやら見たら、ほとんどアンチなんですよね。

 

 

まぁクラウドソーシングでやってる、ライティングの仕事とかは確かに割りに合わないなって思うこともあるけど…初心者だしこんなものかなって。思ってました。むしろ、早く書けるようにどうしようかと考えてました。

だけどまぁ割りに合わないってこともね、どうしてもあります。

 

でもそれで続けるのも辞めるのも自由だと思う。報酬未払いとか倫理無視みたいなことあったら別だけど、倫理無視みたいな案件は自分で弾けば良いだけのこと。

 

 

直販ビジネスに関しては、確かに初めて聞いた時は怪しいなって思いました。だけど、仕組みを聞いたら怪しいこともなくて、小売やっていたからだと思うけども、納得できました。

 

だからってこれはこんな良いから使ってよ!って押し売りしたいわけでもなくて、そこの商品に絶対の信頼があるわけでもない。

信者ってほどでもなくて、まだ初心者だから自分で使ってみて、良かったら勧めたいと思っているんです。

 

多くの登録者はそんなんじゃないと思うけども、一部の登録者の悪質なセールスとか詐欺みたいなセールスとかがあるとやっぱりイメージ悪くはなりますよね。

うん、それはわかる。

だけど、それでその会社とか商品を叩かれるのもなんだか微妙。それは伝えた人が悪かっただけで、会社とか商品自体のことは叩く理由は特に無いんじゃないかって。

まぁ…接客ダメだったら店行きたくないわってなるのと同じですよね、それ自分もなるな笑

 

でも、使ってみてダメなら使わなきゃ良いだけだし、使ってみて良かったら継続したり勧めたりしたら良いだけかなって。

 

 

総じて思うのは、情報の取捨選択するのは自分だってことです。自分の価値観。

 

自分は、人が良いと言ったものも、ダメだと言ったものも、自分がやってみたり使ってみたりしないと判断できない。

まずやる使うに至るまでに興味を持てるかってことがハードルなんですけどね笑

 

だって、ネット上やSNS上の情報って客観的なものだけではなくて、むしろ主観的なものが多いと思うんですね。

 

主観の洪水。主観は個人のものですから、人それぞれ違います。これ重要。

 

それが自分に合う合わないはあるし、それが正しいとか正しくないとか決めるのって自分でしょ?ってこと。

 

まぁ、こんなこと書いてるってのは自分に落ち着けと言っているようなものなんですけどね。

星の数ほどの情報に振り回されるな、アンチの言葉にショックを受けるな、自分がどう思うかをまず見極めろ、と文字を書きながら言い聞かせているんです笑