旅する壱ブログ

四半世紀女子の旅と創作ブログ

身近にいるもの

今日、全く知らなかったことが分かって嬉しかったことがありました。

職場の先輩と休憩時間がはじめてかぶり、ゆっくり会話をする機会ができ話していると、なんと文芸サークル仲間だったことが判明しました。

小説を書くことや読むこと、好きなジャンル、書くときのことなどたくさん話せました。

 

そして、自分がそのために退職をすることも自分の口からしっかり話しました。

退職っていうのはかなり勇気がいるものなんだな、と改めて思ったりもしました。

先輩も自分と同じで好きなように小説を書いたり読んだりする生活に憧れていました。

 

だけども、思い切れないと。

 

どうして自分は思いきれたのだろうかと、考えてみれば、やはり憧れる生き方をしている方に出会ったこと。

それから、踏み出してみた一人旅が大きかったかなと思います。

 

人間どうなるものかわからないものです。

だからこそ人生面白い。