旅する壱ブログ

四半世紀女子の旅と創作ブログ

初ひとり旅 8月5日②

お昼ごはん後は上富良野の後藤純男美術館へ。

ポストカードで拝見していたけど実物はやっぱり違うなぁ。

作品によって印象は変わり、繊細だったりちょっとデフォルメされてたり力強かったり…

惜春という作品がとても美しかった。桜が散る様や朧月の淡くも眩い光から春を惜しむ気持ちを感じる。

絵は好きですがそう詳しいわけでもなく。

ただ、やっぱり画集などで見るのと本物見るのとでは違って。描いている時の気迫とか気持ちとかそういうものも感じられる。

そこに触れられるのは見ているこちらとしては嬉しいこと。

 
富良野を出て当麻へ。

当麻鍾乳洞は営業時間ギリギリに到着…危なかった。富良野観光を楽しみすぎました…笑。

鍾乳洞の中はひんやりしていて気持ちが良かったです。そう広くはないけど、なかなかのアドベンチャー感。自然の神秘を感じる造形。そこからこの日の宿がある層雲峡へ。

f:id:ichi01-lotusjo:20161125225714j:imagef:id:ichi01-lotusjo:20161125225727j:image
ホテル雲井に宿泊。

古き良き旅館。従業員さんがおばあちゃん一人しか見当たらない…( ゚д゚)

部屋にはエアコンや扇風機そして冷蔵庫がない…文明の利器のありがたみを感じました。

素泊まりだったので近くで何か食べようかと思ったけど…やっていない!

なのでセコマに頼ることになりました笑。

バックパッカーのようなお姉さんもセコマを利用してました。

安くて美味しいお惣菜、お弁当類があるので地方では非常に強い味方!

 

なんだかんだと充実した初日終了!